Home > 「明日に向けて」
2016.11.23

明日に向けて(1325)週末はカノンをみて対談を聞いて三田医師の話とまた対談を聞いてホテヴィラに集まって下さい!

守田です(20161123 23:30)

この土日の企画のお知らせです。京都市内ばかりで恐縮ですが、ぜひ近県の方にもきていただきたいです。
26日土曜日は映画『小さき声のカノン』上演会in京都があります。日本キリスト教団伏見教会にてです。
京都市でおもに福島県飯舘村の方を対象に行ってきた「おこしやすキャンプ」実行委員の中澤さん、木口さんと守田で対談も行います。
なお映画上映は27日日曜日も行います。見逃している方はこの機会にぜひぜひご覧ください!

27日は二つの企画があります。
一つは僕も参加している京都「被爆2世3世の会」の企画。
「福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの」です。
午後1時30分~4時30分
ラボール京都4階第8会議室で開催です。阪急電車西院駅から歩いて5分強です。

京都「被爆2世3世の会」はこの間、被爆2世の健康調査を行ってきました。そこで見えてきたものと、福島の被曝の間に重なるものがあるのではないか?
この推論のもと、私たちは東京の小平市で3000人の子どもたちの被曝影響を診てこられて、自らも岡山に避難された三田茂医師にこの健康調査を読んでいただきました。
その上で三田医師が東京での医療実践からつかんできたものと、健康調査を読んで感じたものをお話いただきます。その後に三田さんと守田の対談で内容を深めていきます。
さまざまな意味でチャレンジングな企画で、僕としても思い入れが深いです。ぜひ多くのみなさん、とくに医療関係者の方々に来ていただきたいです。 (さらに…)

2013.06.27

明日に向けて(695)滋賀大学でお話します。TOSCA、京都市東山での企画に参加します。

守田です。(20130627 22:00)

7月初旬に参加する3つの企画をご紹介します。また6月末に矢ヶ﨑さんが宮城県の大河原町と仙台でお話されますので、その情報もお伝えします。

7月2日 滋賀大学経済学部 
僕が参加する企画は1つは7月2日に行われる滋賀大学経済学部でのお話会です。
滋賀大学経済学部就業力育成支援室の主催ですが、これは、これまでも紹介してきた「びわこ123キャンプ」などに学生たちに協力してもらいたい、滋賀の若い人たちに、福島の子どもたちへの関わりを持ってもらいたいとの思いから生まれた企画です。
そのため僕が「内部被ばくについて知ってほしいこと~子どもの未来を守るために」という内容でお話し、続いて、「びわこ123キャンプ」代表の藤本真生子がキャンプの説明をしてくださいます。

学生を対象とした企画ですが、どなたも参加できますので、ぜひお越し下さい。午後5時45分から。経済学部455演習室で行います!
他の地域でキャンプを計画されている方々などにも参加していただいて、藤本さんとも交流していただけたらと思います。 (さらに…)

2013.05.08

明日に向けて(674)半断食というエクササイズ・・・ルポ10(最終回) 復食について

守田です。(20130508 18:00)

みなさま。長きに渡った半断食参加ルポですが、いよいよ今回が最終回になります。といっても実は、前回までで体験ルポは一応の終わりを迎えていました。しかしここから蛇足がついてしまいます・・・。
この記事に、最終講義の前日に行われたミニ講義をつけています。「復食について」というもので、半断食を終えて家に帰って、どんな食べ方に注意をすべきかのレクチャーです。
ルポで、さんざん半断食について説明してきたので、このことも付け加えておかないといけないなと思ってご報告することにしました。

そこでは幾つか気をつけるものが書かれているのですが、その中に「白砂糖の入ったものに気をつける」とあります。白砂糖はとにかく健康に悪く、常日頃から避けた方がいいものですが、とくに半断食を終えたあとは、これをとるとトリップしてしまうというのです。
えー、白状しますと、実ははまってしまいました!半断食道場にいたときは、ほとんど感じなかったのですが、帰ってきたら、何かすごい禁欲生活をしたような感じが襲ってきて、何でもいいから「悪いものが食べたい」と思い、ポップコーンを買いに行きました。そして、つい横に並んでいたチョコレート(白砂糖がたくさん)も買ってしまいました。
「まあ、少しずつ食べるぐらいならいいよね」と封を切ったら、もう止まらない。夢中でムシャムシャと食べてしまいました。それでトリップしたせいか、さらにピーナツ、甘栗なども買って食べてしまいました。酒だけは飲むまい!と決めていたのですが、心が「お酒以外ならいいでしょう?」となっていたようです。ちなみにピーナツと甘栗は、身体にそれほど悪くはないと思うのですが、半断食明けなのに食べ過ぎました・・・。 (さらに…)

2013.05.07

明日に向けて(673)半断食というエクササイズ・・・ルポ9 命の運転法を学ぶ

守田です。(20130507 23:30)

半断食参加ルポ、今回は橋本宙八さんの最終講義の「命の運転法を学ぶ」をお届けします。半断食道場で私たちが学んだものとはなんだったのか。「命の運転法だ」という内容です。
この中で、宙八さんは、能の達人、世阿弥の語った「道」の学び方について教えてくれました。一言で表せば「守破離(しゅばり)」の順を踏んでいくことだと言います。

守るとは、まずは型を覚え、それに従うことです。マニュアルを覚えて、それを忠実に実行することです。食養の道では、玄米を中心に、5対2対1の割合で、穀物・野菜・肉類などを食べるようにするということでしょうか。
破るとは、型を一度覚えたら、それを破ってみよということです。これまでも繰り返し強調されたように、私たちの命は、一つ一つが個性的で違いがあります。従ってその全てに通用するマニュアルはありません。自分にあったものを探す必要があるのです。そのために型を身につけたそばからそれを破ることが進められているのです。
では離れるとは何か。一番、難しい境地だと思いますが、型を守ること、型を破ること、その双方からも離れて自由自在になっていくこと。何を食べたらいいのかを離れ、あるいはこれは食べてはいけないという縛りも離れ、目の前に何があっても、自由に選択して美味しく食べながら、しかし道を外さない・・・ということなのだと思います。 (さらに…)

2013.05.06

明日に向けて(672)半断食というエクササイズ・・・ルポ8 「食箋」という手当法

守田です。(20130506 23:30)

半断食道場参加ルポもいよいよ終盤を迎えつつあります。今日は毎日の講義とは別に行われたミニ講義の中から、「「食箋」という手当法」をお届けします。タイトルは僕がつけたものです。
食箋=しょくせんとは、もともとは、ひとりひとりの体質や抱えている病の症状に合わせて食べ物を指導すること。薬を出すのが処方箋であることに対して、食材を示唆するので、食箋であるわけです。
ここからさまざまな怪我や病いに対して、これこれこうした食材をこのように使うといいという知恵がたくさんあるのですが、今回はその中でも手頃に行えるもののいくつかを紹介していただきました。

その際、これまで紹介してきた陰陽論に基づいた実践的な知恵が縦横無尽に駆使されています。陰性のものの取りすぎてでてきた痛みには陽性のものを使うなどです。反対もあります。
また調合するときに、地球の自転を考えて、左回しにするといいというのも面白い。実際にさまざまなものをこねるときに、左回しと右回しを行ってみると、違いがはっきりと分かるといいます。

僕自身はまだこれらのことを実践したことがありません。ただロードワークで前から痛めていた左膝に痛みが出てきたとき、「ごま生姜油」をねってくれて、それを塗ったら実際にすぐに痛みが引いたのでびっくりしました!
それで完全に治ったわけではなく、痛みが繰り返しもしたのですが、明日香村にいたあいだは、痛むとこの油を塗りこむことで、なんとか足を持たせることができました。 (さらに…)

Next »