Home > 「明日に向けて」
2016.11.11

明日に向けて(1316)環境倫理学から原発を捉え返す(沖縄大会での発言より―1)

守田です。(20161111 23:00)

10月21日~25日の沖縄訪問に続き、27日京都府京田辺市、28日兵庫県姫路市と講演して29日に東京で「福島原発行動隊」のシンポジウムに参加してきました。
さらにその翌週は11月3日に京都市内で第3回放射性廃棄物問題学習研究会を行い、4日に京都府綾部市で、5日に福井県小浜市と若狭町で講演してきました。
いつも事前に案内をこの場に載せるようにしているのですが、今回、3日から5日の行動について事前にお知らせできませんでした。申し訳ありません。

6日に京都市に戻り、マクロビアンの橋本宙八さんの学習会にも出てから帰宅しましたが、その後、風邪になってしまいました。疲れの重なりを感じて今週はゆるゆると過ごしました。
そのためまた長い間、ブログ更新を怠ってしまいました。申し訳ないです。
この間にアメリカ大統領選でのトランプ候補のまさかの勝利があるなど、世界が激動しており、論じねばならないこと、論じたいことがたくさん生じていますが、焦ることなくコツコツと配信を続けていきたいと思います。よろしくお願いします。

今回は沖縄大会の報告の続きを行います。
「原発と地球人、地球環境の生存権」というタイトルで第5分科会で行った発言を文字起こしします。普段はあまり触れてない内容です。ぜひお読み下さい。

*****

日本環境会議沖縄大会 第五分科会
2016年10月23日

「原発と地球人、地球環境の生存権」

みなさん。こんにちは。守田です。
今回は「原発と地球人、地球環境の生存権」というタイトルをいただきましたので、これに沿ってお話します。
まずこのタイトルからすぐに連想されるのが「環境倫理学」ではないかと思いますので、1990年代にこの学問を精力的に日本に紹介された加藤尚武さんの著書からその定義をお借りしたいと思います。

Ⅰ 自然の生存権の問題
人間だけでなく、生物の種、生態系、景観などにも生存の権利があるので、勝手にそれを否定してはならない。
Ⅱ 世代間倫理の問題
現代世代は、未来世代の生存可能性に対して責任がある。
Ⅲ 地球全体主義
地球の生態系は開いた宇宙ではなくて閉じた世界である。
(『環境倫理学のすすめ』加藤尚武1991 pⅵ)

三番目はだから地球のどこを汚染したとしても、地球全体にダメージが広がってしまうことが問題になるわけですが、原発はこの3つの定義にもっとも抵触する許しがたいテクノロジーですよね。
今日はこのことをお話したいと思います。

まずは最初の「自然の生存権」についてですが、「生物の種、生態系、景観などにも生存権を認める」とはどういうことなのでしょうか。
このことを知るためには私たちはそもそも「権利」に対する考え方が歴史の中で繰り返し更新されてきていることを知る必要があります。
加藤さんの本の中にアメリカの環境倫理学者、R・Fナッシュの『自然の権利』“The right of nature”という本からひっぱってきた「権利拡張の年表」という図がのっています。
一番下に「自然権」と書かれてあり、その上に権利が拡大されてきた順番に沿って並べられています。
「英国貴族 マグナカルタ(1215)」「アメリカ入植者 独立宣言(1776)」「奴隷 解放宣言(1863)」「婦人 憲法改正13条(1920)」「アメリカ原住民 インディアン市民権法(1924)」「労働者 公正労働基準法(1938)」「黒人 公民権法(1957)」
これはアメリカでのことですが、このように権利が拡大されてきて、その図の一番上に「自然 絶滅危険種保護法(1973)」が載せられています。

どういう法律なのかというと、絶滅のおそれのある種およびその依存する生態系の保全を目的としたものとされているのですが、これがアメリカ国内だけでなく世界に対しても説得力を持ってきました。実は私たちも結構使っています。
こうした権利の拡大のもとでの自然の権利の確立に向けた流れを促進している方がおられます。ピーター・シンガーというオーストラリア人で、アメリカのプリンストン大学の教授をされています。主著に『動物の解放』があります。
どんな方なのかというと、1980年に壱岐の無人島で、漁民たちがイルカを「魚を食いあらす海のギャング」と考えて大量に捕獲し、「駆除」したことに対して、グリーンピースの活動家が待ったをかけたことがありました。
漁民の立場も踏まえた上でイルカを殺さずにすむ方法をいろいろと考えたそうですが、着地点が見出せないままに殺処分が始まってしまい、思いつめて小舟で海に出て網を破ってイルカを逃がし、逮捕されてしまいました。
ピータ―・シンガーはこのとき、オーストラリアからはるばる日本まで駆けつけて被告を弁護するための裁判の証人となりました。 (さらに…)