Home > 「明日に向けて」
2017.11.21

明日に向けて(1448)原子力防災について、ヨーロッパの反核事情について、横浜、世田谷、富士宮、京都でお話します!

守田です(20171121 17:00)

11月15日に帰国しました。素晴らしい旅でした。支えていただいたみなさんにあらためて感謝を申し上げます。

すぐ翌日16日に「ウチら困ってんねん@京都」のミーティングに出席し、18日には日本共産党京都府後援会総会に招かれて20分ほどスピーチさせていただきました。
19日にも京都市伏見区の醍醐母親大会で講演させていただき、今週末にさまざまなところでお話させていただきます。
今回はさしあたってのスケジュールをお伝えしておきます。

11月22日は京都市中京区での京都被爆2世3世の会例会で、この間の旅の報告を行います。
11月25日は横浜市鶴見区でのAPAST主催企画で、後藤政志さんとジョイントでお話します。僕の演題は「ヨーロッパの原発事情と核のない未来の展望」です。
11月26日は東京都世田谷区で原子力防災についてお話します。保坂展人世田谷区長と対談もさせていただきます。
11月27日は静岡県富士宮市で原子力防災についてお話します。世田谷でも富士宮でもとくにヨウ素剤配布に焦点をあてて話します。
11月29日は京都市左京区で「フランス・ドイツの原発事情と核のない未来の展望」というタイトルでお話します。この間のフランス・ドイツ訪問の報告会第二弾です。

以下、詳細をお伝えします。 (さらに…)

2017.10.25

明日に向けて(1437)核のない未来を目指した世界的連帯の拡大のためパリなどに行ってきます!ぜひぜひご支援を!!

守田です(20171025 23:30)

10月29日に出国しパリ、その他の都市に行ってきます。核のない未来を目指した世界的連帯の拡大・深化のためです。
同時に世界の人々を味方につけて日本社会の変革の力にもしたい。総選挙の結果からそうも決意しました。ぜひこの行動にお力をお貸しください!カンパをお願いしたいです。

まず参加するのは、7月後半にドイツ・デーベルンで参加した反核サマーキャンプを開催したニュークリア・ヘリテージ・ネットワークのパリミーティングです。10月30日夜から1日まで行われます。
同ネットワークは世界中の反核行動の情報センターとして飛躍しようとしているグループで、僕も7月に招待されてキャンプに参加し、このグループの一員となりました。参加者はドイツの他、ヨーロッパなど13ヶ国で活発に活動している方たちです。

すでにそれらの国々から情報を集めていますが、このキャンプで、11月にパリで再会しようとの案がでました。というのは11月2日~4日にパリで反核世界社会フォーラムが開催されることが決まっていたからです。
それでチームとして参加することとし、本大会前に来年のサマーキャンプに向けた会議を開き、各国の人々を招こうとなったのです。

このため8月中旬から2週間に1回スカイプミーティングを続けています。ドイツ時間午後8時半に合わせるので、こちらでは夜中の3時半から。実は今宵もです。
といっても僕の英語力はそれほど高くなくて、悔しいことに毎回、一番サイレントな参加者になってしまうのですが、それでも参加を続けています。自分で言うのもなんですがものすごく奮闘しています!

さてこの後はみんなで反核世界社会フォーラムに参加します!僕はそこでこれまでを上回る世界の人々との輪を広げるつもりです。世界により広く、福島原発の真実と日本民衆の今を伝えてきます。
フォーラム後はパリを離れエピナルという町に行って講演します。11月7日です。さらに8日はコルマールという都市に移動してそこでも講演します。フランスでの初めての講演です。
9日にフランスを離れドイツに移動。10日にオーバーハウゼンという町で講演します。

これらフランスの行動は、僕が7月に静岡で行った講演の録画を見て感動してくださった方がフランスの知人を紹介してくれたことで成り立ちました。
ドイツでの行動は、これまでも何度もお世話になってくれている桂木忍さんが設定してくれています。お二人に大感謝です!

桂木さんと僕はさらに11日にIBBというドイツのNGOのミーティングにも参加します。2014年に僕が初めてヨーロッパを訪れたときに僕をトルコに派遣してくださった方たちです。
その後、この年の秋にはポーランドで開かれた国際会議にも僕を招待してくださいました。ドイツ・デーベルンのキャンプへの参加も、この時、ファルクというドイツ人と知り合ったことが端緒となっています。 (さらに…)

2016.01.05

明日に向けて(1201)年頭に世界を俯瞰する・・・連載1200回を超えて-カンパの訴え1

守田です。(20160105 15:00)

みなさま。明けましておめでとうございます。
昨年のみなさまの恩に心から感謝申し上げます。みなさまの支えがあってこそ2015年を走り抜くことができました。昨年はとみにそんなことを痛感する一年でした。
今年も精一杯の活動を行います。どうかよろしくお願いします。

同時に今回の投稿をもって「明日に向けて」は連載1200回を超えました。この前に地震情報を合計46回出していますので、通巻では1247回目になります。
2011年3月11日から今日まで約1.4日に1本のペースで発信してきました。
今後も引き続き発進していきますが、現代世界が大きな転換点にあることを見据え、今後は領域を文化・哲学・思想等々にも拡大したいと思っています。

それらはすべて密接につながっています。
無論、基軸は放射線防護活動に置きますが、よりトータルな展開を行うことを通じて、私たちが、明日に向けて、いかに考えるべきなのか、考察の素材になることを提供し続けたいと思います。
連載1200回を超えて、こうした活動の継続のため、みなさまにカンパを呼びかけます。ぜひお力添え下さい!以下、振込先を記しておきます。

振込先 郵貯ぎんこう なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
年頭にあたって世界を俯瞰したいと思います。
東日本大震災と福島原発事故から5年近くが経ちました。
この間、日本社会だけでなく世界が大きく変わってきました。この変化をどう捉えたら良いのでしょうか。

昨年年頭に僕は私たちが立っている場が、世界史的にどのような流れの中にあるのかを分析し、この場で連載しました。
その時に突き出そうとしたのは、新自由主義の登場の背景と私たちがなすべきことでしたが、あのフランスの新聞社襲撃事件が起きてしまいました。
さらに後藤さん、湯川さんが人質になっていることが発覚し、二人の救出に全精力を傾けたいと思ったこともあって、連載を中断してしまいました。

ご存知のようにその後、二人は殺害されてしまいました。こうした暴力の応酬の流れが止まることを願いつつ、平和に向けた発信を続けましたが、世界の暴力の応酬はむしろエスカレートしていきました。
昨年の夏ぐらいからIS(イスラム国)を叩くと称した空襲が、各国の参戦のもとに強化され、たくさんの民間人が巻き込まれました。
これに対する報復の無差別殺害事件が、モスクワ行き飛行機の爆破やパリの劇場での乱射による100名以上の殺害などの形で行われました。アンカラでの爆弾を使った100名殺害のように、実行者がはっきりしない事件も起きました。

僕は今一度、この世界の流れをおさえておくべき必要性を感じています。そのために以下に昨年の連載のアドレスを記しておきます。

明日に向けて(1005)世界を新自由主義が破壊している・・・年頭に世界を俯瞰する-1
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/8e0a39551f43bdbef371752ad4b75098

明日に向けて(1006)ケインズ主義の崩壊と新自由主義の跋扈・・・年頭に世界を俯瞰する-2
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/8fc6ceaebfc21528ad16188ec248f8f3

明日に向けて(1007)高度経済成長と新自由主義に共通する非人間的価値観・・・年頭に世界を俯瞰する-3
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/a2b0d7045410bc422dfa3efdae72a1e1

明日に向けて(1008)私たちは開発の中で大切なものを失ってきた・・・年頭に世界を俯瞰する-4
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/c1e7d8b766935cabd514323ce9ce208a

明日に向けて(1010)フランス新聞社襲撃事件の背景にあるものは何か-(年頭に世界を俯瞰する-5)
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/922073679244fa4b684e8db1b99c7523

明日に向けて(1011)アメリカこそが過激主義者を生み出してきた元凶だ!(年頭に世界を俯瞰する-6)
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/2aa88bebde2c1c46ab8d09083a065176 (さらに…)

2015.12.04

明日に向けて(1183)パリで大量殺りく事件、トルコ軍が露軍機撃墜・・・世界の暴力化を止めよう-1

守田です。(20151204 23:30)

明日に向けて(1173)(1174)(1178)でシリアをめぐる国際情勢を分析し、「今こそ平和の声を」と題した連載を行いました。
その後、僕は台湾訪問の旅に出ましたが、その間にパリで130人以上が殺害されるとんでもない事件が起こりました。フランス軍がただちにISに対する報復爆撃を行いました。
さらに10月31日にあったロシアの旅客機墜落事件もまた爆破によるものであり、ISが声明を出していることからロシアがISに対するさらなる猛爆撃を始めました。
ところがこうした中で24日に領空侵犯を理由にトルコ軍機がロシアの戦闘爆撃機を撃墜。トルコとロシアの間が険悪化しています。

世界の暴力化がますます進んでいます。世界のあちこちから、すでにこれは第三次世界大戦の始まりではないかとの指摘がなされているほどです。
なんとかこの流れを食い止めたい。そのために今、何が起こっているのかを的確に分析し続けていくことが必要です。
僕は明日5日、大阪市西成区で「戦争法」についてお話しするので、同時に今、起こっている戦争についてお話したいと考え、今までスライドを作っていました。
そこでまとめたことを押さえておきたいと思います。

まずこれまでも述べてきたことですが、情勢分析にあたって僕が徹底して避けている言葉があります。「テロ」です。フランスの事件も僕は「テロ」とは呼ばず、攻撃と書いています。同じ意味で「犯行」とも「犯人」「実行犯」とも書きません。
もちろんこうした殺人攻撃に僕は強い怒りを持っています。いかなる意味でも自らの政治思想を貫くための殺人を僕は認めません。ではどうして「テロ」と呼ばないのかと言うと、この言葉は欧米ないし日本からの一方的な言葉だからです。
つまり「テロ」という言葉の使い方には、強い政治性があるのです。いや政治の世界では多くの言葉がそのように使われています。このため一たび客観的な視点に立つためにはこの強烈に価値化された言葉の外に立つ必要があります。
もちろん「それでは伝わりにくいから」ということで「テロ」という言葉を使うこともあり得るとは思いますが、それなら「テロ」を明確に定義づけるべきです。

少し考察すると分かることなのですが、もともと「恐怖」を意味するテラーから派生しているこの言葉には非常に悪いイメージが付加されています。非道で卑劣、人を殺すことをなんとも思わないイメージ、殺人鬼など冷酷ないイメージが連想させます。
しかし一度、欧米に繰り返し侵略され、植民地支配され、攻撃を仕掛けられてきたイスラム圏の人々の立場から考えてみると、これらはすべてアメリカのやってきたことに当てはまります。
いや何もそんな遠いところの人々の立場に身をおかずとも、広島・長崎への原爆投下や、東京大空襲を初めとした主要都市への空襲、沖縄地上戦などを思い起こせば、アメリカこそが世界の中でもっとも殺人を犯してきたテロ国家であることが痛感されます。
何せアメリカはこれらの蛮行、明白たる戦争犯罪をただの一度も謝ったことがないのですから。日本で右翼を自称する人々のほとんどが、中国や韓国のことばかり騒ぎ立てますが、アメリカを批判できないことこそ強烈な自虐史観ではないでしょうか。 (さらに…)

2015.01.17

明日に向けて(1016)仏「対テロ戦争」反対!暴力を捉え直すために「ガザ希望のメッセージ」へ!

守田です。(20150117 23:30)

フランス新聞社襲撃事件は、不穏な方向に展開しつつあります。
1月13日フランスのパルス首相は「フランスはテロとの戦争状態に入った」と語りました。
翌日14日にはオランド大統領が「イスラム国」に対する空襲作戦に仏海軍の主力空母「シャルル・ドゴール」を参加させる意向を表明。
「シャルル・ドゴール」は前日13日に仏南部トゥーロン港を出港。すでにペルシャ湾近海に展開していると思われます。

しかしちょっと待ってほしい。そもそもフランスはこれまでも「イスラム国」への空襲に参加してきているのです。
「対テロ戦争」だってほかでもずいぶんやってきた。「フランスはテロとの戦争状態に入った」のではなく前から「入っている」のです。
それをあたかもフランス新聞社襲撃事件への回答として攻撃を行うかのような言い方をしています。
おかしい。まったくおかしい。

フランス政府は暴力反対とは一言もいいません。「テロ反対」とは言う。自分たちの暴力は棚に上げて、自分たちに敵対するものの暴力のみを「テロ」と呼んでいる。
それでジェット戦闘機を飛ばし、ミサイルと撃ち込み、爆弾を投下してきています。しかも「敵」だけを殺しているのではない。たびたび民間人を巻き込んで酷く殺しています。
正義だったらどんな暴力も振るっていい。悪だったらどんな暴力も許さない。フランスはそんな傲慢な立場から近代兵器をつぎ込んだ攻撃を継続している。
でもそんな考えは容易に反転するのです。つまりフランスが攻撃する側もまったく同じ論理を行使してくる。こうして互いに正義を掲げ、相手を悪となじり、交戦する・・・それこそが戦争なのです。

もうたくさんだ。何時までも人類はこんな低次元にいてはいけない。いい加減、戦争遂行者のマインドコントロールから解き放たれなくてはいけない。
フランス新聞社襲撃事件に際して言うべきことはただ一言、暴力反対、殺人反対です。だからさらにこう言わなければならない。殺し合いをやめよう。報復の連鎖をとめようと。
その点でシャルリー・エブドが14日に発効した風刺画も大変間違っていると思います。何より殺人襲撃にえぐいヘイトスピーチで対抗しているに過ぎないからです。
世界中のムスリムの方たちがとても神聖だと思っているものを著しく傷つけている。僕はそれも一つの暴力だと思います。シャルリー・エブドに言いたい。ぜひとも目の前にいる最も強大な暴力的権威、フランス軍をこそ皮肉って欲しいと。 (さらに…)