Home > 「明日に向けて」
2017.01.14

明日に向けて(1342)被曝から命を守るために問われていること

守田です(20170114 13:00)

1月7、8日のコープ自然派脱原発ネットワークの伊方原発ツアーに参加した際に、松山センターで行われた集会での発言の起こしの3回目を載せます。
今後の脱被曝の展望について述べました。

*****

伊方原発を止めるために!被曝から命を守るために!
2016年1月8日 コープ自然派松山センターにて
4、放射能の危険性への目覚めを広げることが課題

ただ一方でしっかりと見ておかなくてはならない大きな課題があります。
反原発運動のこれほどの進展に対して、反被曝という側面はまだ十分に追いついてきていません。なぜかというと放射線被曝の害が非常に軽く語られていて、まだこの点での民衆の覚醒は十分ではないからです。
放射線の人体への影響は世界的にアメリカが作った教科書で教育されてしまっています。この教科書が元にしているのは、原爆の被爆者への被害調査です。
誰がこれを調べたのかと言えばアメリカなのです。ひどいと思いませんか?加害者が被害者を調べたのです。
こんな調査はあってはならないのです。当然加害者は被害を軽く見積もりますよね。しかもそれが核戦略の根っこにあることなのです。核戦略を維持するためにも放射線の害は非常に軽く語られてきたのです。
残念ながら多くの学者さんやお医者さんがこの教育を受けてしまっています。

ちなみにこのためお医者さんは被曝に対して甘い意識を持っている方が多くて、レントゲンなどで自らもかなりの被曝をしている場合が多いです。
僕の知り合いで、いまは被曝に対して厳しい感覚を持っている医師の中でも、若い時に内科にいてしょっちゅうプロテクトもあいまいなままレントゲンを撮ってしまい、かなりの被曝をしてしまっている方がいます。
そうするとどういうことが起こると思いますか?そのお医者さんの子どもはみんな女の子になるのだそうです。もちろん男の子が生まれることもあるのですが、そうすると「浴びたりないぞ」と言われるのだそうです。

だから放射線被曝に対する評価がとても甘く見られていて、福島原発事故のあとも、お子さんが鼻血を出して、しかもこれまで見たことのない鼻血だというのでお母さんたちが病院に駆け込み「放射能の影響では」というと次のように言われてしまうことが起こりました。
「お母さん、何をバカなことを言っているんですか。そんなことをあなたが言うから子どもさんが精神的におかしくなるんですよ」と。
それで社会の中でもお母さんたちが過剰に怖がっている。「放射脳になってしまっている」などと揶揄されたりしました。
そういうことが各地で起こっているのです。こういうことをなんとしても変えなくてはいけない。 (さらに…)

2014.11.14

明日に向けて(971)一番大切なのは命の源である社会的共通資本としての自然だ!原発再稼働絶対反対!!

守田です。(20141114 23:30)

川内原発再稼働について、昨日、鹿児島県伊藤知事の記者会見への批判を書きました。
その中で九州電力が、設備の根本を抜本的に変えるのでもない付け足し的な対策で、想定外の事故であるメルトダウンが起こっても格納容器を守り、福島原発事故の約2000分の1に放射能漏れを抑えると豪語していることを紹介しました。
これを原子力規制委員会が「絶対に安全だとは言わないが」などと言いつつ受けてしまい、さらに伊藤知事が追認してしまったことを明らかにしました。こんな重大な決定が、誰もが最後の責任を回避しながらまかり通ろうとしています。
福島原発事故でこれまで誰一人逮捕されておらず、東電に対して税金を使った救済ばかりが行われるのをみて、これらの人々は「責任などとらなくても良い。罰せられることもない」と学習してしまったのでしょう。しかしそのことでもっとも大事なものを私たちの国は失う危機に直面しています。

福島原発事故のとき、日本列島に住んでいる私たちは原子炉から放出されたすべての放射能を浴びずに済みました。原発から出た放射能の多くが地上に落ちずに洋上へと流れて行ったからです。
もちろん関東、東北を中心に大変な被曝が発生したし、洋上に流れたものの一部もまたハワイやアメリカを激しく汚染し、海も深刻に汚染してしまったわけですから、心からいたましく申し訳ないことであり、「幸い」などとは絶対に言えないことではあります。
しかし川内原発が事故を起こしたらどうなるでしょうか。毎年列島を訪れる台風の進路などを考えれば分かるように、鹿児島で吹き上げられた放射能はその大半が日本列島を横断していくことになります。洋上に落ちたものも、黒潮や対馬海流にのって列島を囲むように流れていきます。
川内原発事故はもっとも大量の放射能を日本列島に飛来させる可能性があるところに位置しているのです。台風だけでなく、毎年中国大陸から飛んでくる大量の黄砂を考えても分かります。そうなると私たちの国の山々や大地は福島原発事故をはるかに上回る放射能汚染を被る可能性があります。

そのとき私たちが失うのは日本列島にたくさん存在している美しい森林に支えられた自然です。現在国土にしめる森林面積は67%。世界平均約30%に対してダントツの割合ですが、福島原発事故が教えたように森林ほど汚染されたときにやっかいなものはない。
もちろん除染などできないしさまざまに濃縮が起こって汚染がより深刻化してしまいます。それがどれほどの損失になるのか、私たちは今一度、深く考え直す必要があります。
私たちの国の森林は四季の影響で常に顔色を変えていく特徴を持っています。古来よりこの列島に住んだ人々は、四季折々の美しさを多様な形で表現してきました。その一例として俳句では「山笑ふ(春)、山滴る(夏)、山粧ふ(秋)、山眠る(冬)」と詠まれてきました。
この山と森の美しさは、日本列島が南北に長く幾つかの気候帯をまたいでいることにも関係があります。日本海側と太平洋側でも著しい気候の違いがあり、木々をはじめ生物の種類を豊かにしているのです。 (さらに…)

2013.10.12

明日に向けて(753)水害の多発とナラ枯れ・・・温暖化によって森が悲鳴をあげている(2)

守田です。(20131012 07:00)

本日はこれから水害のあった京都市京北町に出かけて、畑の修復のお手伝いなどしてきますが、その前に、「ナラ枯れ」について、数年前に毎日新聞に掲載していただいた論考をご紹介したいと思います。
短い文章ですが、日本の山と森の美しさと、ナラ枯れの脅威をきちんと伝えることができたのではと思っています。山と森への万感を込めて書いたものです・・・。

*****

温暖化による森の悲鳴
毎日新聞2010年4月13日
守田敏也

日本最大のミズナラ倒れる

日本列島にはたくさんの美しい森林がある。訪れる四季はこの美しさを一層引き立て、俳句にも、山笑ふ(春)、山滴る(夏)、山粧ふ(秋)、山眠る(冬)と詠まれている。
私たちは常に顔色を変えていく山と森に心を洗われながら日々を過ごしている。森林は大切な社会的共通資本だ。

この山と森の美しさは、日本列島が南北に長く、幾つかの気候帯をまたいでいることにも関係がある。日本海側と太平洋側でも著しい気候の違いがあり、木々をはじめ生物の種類を豊かにしている。
山々には常緑樹と落葉樹、広葉樹と針葉樹が混交し、南から北、西から東へと、目まぐるしく様相が変わっていく。
同じ理由から日本の森林は温暖化の影響も受けやすい。樹木には自生に適した気温があるが、変化に即して逃げ出すことはできないからだ。
このため、今、山々に温暖化の影響が表れ、森の崩壊が進んでいる。 (さらに…)

2013.10.11

明日に向けて(752)水害の多発とナラ枯れ・・・温暖化によって森が悲鳴をあげている(1)

守田です。(20131011 08:30)

9月16日、おりからの台風によって、兵庫県・京都府・滋賀県にたくさんの雨が降り、洪水が発生しました。とくに京都市の桂川は福知山市の由良川からあふれ出た水の量が多く、多くの地域が浸水被害を受けました。
たくさんの農地も手痛い被害を受け、今、多くの地域で復旧作業が急がれています。僕もこの12日に、京都市京北町に住んでいて素敵な野菜たちを作っていながら、畑に被害の出た友人宅にお邪魔して、お手伝いをしてきます。
さて、こうした水害を発生させているものは何でしょうか。「ゲリラ豪雨」など、雨の降り方が極端になり、短時間でたくさんの雨が降るようになったことが指摘されています。
確かにそれらは間違った指摘でもないのですが、しかし僕が京丹後町や、亀岡市の人々に取材をしていると「雨はいつもの比べて極端に多い感じではなかった」という声も聞かれます。

それでは水害をより大規模にした要因は何だったのか。僕はその一つはナラ類が集団枯損する「ナラ枯れ現象」だったのではないかと思います。さらにマツ類が集団枯損する「マツ枯れ現象」もともにあり、総じて山の保水力が低減していたのではないかと思われます。
このことの確信を強めたのは、災害後に京都市の大文字山を訪れてのことでした。この山は銀閣寺の裏手にあり、もともとは社寺林であった山ですが、ここでも大量の土砂が発生し、銀閣寺参道の商店街の前を流れて、道路を埋め尽くしてしまいました。
商店街が損壊するほどの被害は出ませんでしたが、付近の側溝は大量の砂によって今も埋まっており、雨が降ると水は道路の上を川のように流れてしまう状態が続いています。
こうした水の流れを遡っていくと、大文字山の中腹の千人塚と言われる部分から下に向かって、大量のナラが枯死してしまった谷筋から大量の水が流れたことが分かります。 (さらに…)

2013.09.26

明日に向けて(745)9月から10月の講演スケジュールをお知らせします!汚染水問題に焦点を当てます!

守田です。(20130926 17:30)

9月から10月の講演スケジュールをお知らせします。手始めに明日から3日間、連続講演です。

9月27日東京都新宿区 JICA地球ひろば601号室で午後6時から。
9月28日兵庫県加古川市別府町 中島会館で午後2時から。
9月29日京都市左京区岩倉 論楽社で午後2時から。

東京では、せっかくですから汚染水問題と東京オリンピック問題、および東京の放射能汚染についてじっくりとお話ししたいと思います。
他のところでも汚染水問題を軸に原発の今をお話しし、オリンピック問題にも触れるつもりです。お近くの方、ぜひご参加ください!

その後の案内です。

10月4日京都市北区 ライトハウスで午後6時半から。
10月5日京都市東山区 ナラ枯れ自然観察会。午前9時45分地下鉄蹴上駅集合で、東山(主に高台寺山・清水山あたり)に出発。
10月11日京都市左京区 NONベクレル食堂で午後4時から。
10月17日長岡京市 産業文化会館で午後1時半から。
10月20日京都市上京区 同志社大学松蔭寮で午前11時頃から。
10月26日京都市中京区 京都アスニーで午後2時から。

以下、詳しい案内を貼り付けます。 (さらに…)

Next »