Home > 「明日に向けて」
2015.09.01

明日に向けて(1139)スコットランド啓蒙思想の何に学び、何を受け継ぐのか-連載最終回

守田です(20150901 15:00)

8月30日に京都市のかぜのねで行った以下の企画に向けた論稿の5回目、最終回です。

日本の社会活動のあり方を考えよう
-スコットランド啓蒙思想の対話性と現実性に学ぶ-
https://www.facebook.com/events/795032107261199/

5、スコットランド啓蒙思想の何に学び、何を受け継ぐのか

スコットランド啓蒙思想の成り立ちを追ってみると、私たちはそこに、現世肯定主義ゆえの人間の利己的な側面に対する理解と、それがもたらす寛容さを学ぶことができます。
そこではそれまでのキリスト教の教義によって一義的に否定されてきた、自分の欲求を満たしたいと言う意味での利己心が、社会発展の原動力であるとも捉え返されるとともに、それを大らかに容認すればこそ人間をつなげるシンパシイが重要視されたのです。
このことは次のことも意味します。近代的自我の発達とは、利害関係の当事者としての己の自覚とパラレルであったのであり、同時にそれは利害を異ならす他者の承認の義務を伴ったものであったということです。

要するに己の利己心の肯定は、他者の利己心の尊重でもあり、そこから互いに利己的な主体が、相互に尊重しあえる根拠の洞察が不可避的に生まれたのだということです。
それがヒュームにおいてはシンパシイの洞察として、アダム・スミスにおいては市場経済の研究として、さらに後年のベンサムにあっては法制度の改革として目指されたのでした。
そこで共通するのは利己心をもった人間に社会的サンクション(賞罰)を加え、利他性を引き出すことで、より高貴な存在へと導こうとする考察であり、そこにはぜひとも学んでいくべきものが横たわっていると思えます。 (さらに…)

2015.08.30

明日に向けて(1137)スコットランドにおけ独自の人間観の形成(スコットランド啓蒙思想に学ぶ-4)

守田です(20150830 09:00)

本日30日は全国で戦争法案反対の一斉行動が取り組まれます。「明日に向けて(1136)」で120か所以上の情報を集めましたが、IWJは「一説では370か所で行動が予定されている」と報道しています。ともあれ快挙の一日になりそうです。
僕自身は、今日は京都市のかぜのねで行う以下の企画でお話します。この場から全国の平和への思いを共にします。
昨日、今日と連投になって恐縮ですが、今回の企画に向けた論稿の4回目をお届けします。

日本の社会活動のあり方を考えよう
-スコットランド啓蒙思想の対話性と現実性に学ぶ-
https://www.facebook.com/events/795032107261199/

4、スコットランドにおける独自の人間観の形成

カルヴァン主義に顕著な勧善懲悪論を越え出ようとすることに、スコットランド啓蒙思想のプロブレマティーク(問題意識性)があることを見てきましたが、同時にスコットランドは特殊な歴史的位置性も持っていました。
というのはもともとイングランドとの長い抗争のうちに併合にいたった歴史を持ち、ピューリタン革命の後にもクロムウェル率いる鉄騎兵の理不尽な侵攻を受けたこの地は、一方でその後の王政復古をなした国王ジェームズ2世の出身地でもありました。
このため名誉革命後は、この追放された王を再度盛り立てて革命政府を倒そうとする「ジャコバイト運動」が沸き起こりました。

それはまた、併合されたのちも、スコットランドは経済的に「遅れた地」と自己認識され続け、イングランドへの抜き差しならないコンプレックスが形成されていたことの表現でもありました。
このためジャコバイトなどによる王政復古運動に与するわけではなく市民的社会発展を目指した人々は、まずもって貧困な状態を脱してイングランドに追いついていくことを目的とせざるをえず、その分、近代的な商業活動の発展を価値化することなりました。
さらにジャコバイト鎮圧後は、カルヴァン主義長老派の移入がなされて硬直した教義も浸透してきました。スコットランドの知識人たちは長老派の不寛容性と対決しながら、市民革命の精神を自由主義の発展へと向ける以外ない位置におかれました。 (さらに…)

2015.08.28

明日に向けて(1133)ダイアローグとリアリティ-スコットランド啓蒙思想に学ぶ-1

守田です。(20150828 15:00)

いささか唐突に思われるかもしれませんが、8月30日16時から京都市の出町柳「かぜのね」でスコットランド啓蒙思想ついて学び、日本の社会活動のあり方を考える企画で問題提起を行うことにしました。

日本の社会活動のあり方を考えよう
-スコットランド啓蒙思想の対話性と現実性に学ぶ-
https://www.facebook.com/events/795032107261199/

この企画に向けて、なぜ今、スコットランド啓蒙思想なのかを論じたいと思います。

1、スコットランド啓蒙思想に何を学ぶのか

スコットランド啓蒙思想とは、イギリス市民革命期の内戦ののちに、イングランドから暴力的に統合された側のスコットランドで次第に熟成されていった思想であり、「イギリス経験論」の中核をなすものです。
オランダ人医師マンデヴィル(1670~1733)の『蜂の寓話』などの示唆を契機とした、フランシス・ハチスン(1694~1746)ら「モラル・センス派」に始まり、デヴィット・ヒューム(1711~1776)やアダム・スミス(1723~1790)などへと発展していきました。
後年にはジェレミー・ベンサム(1748~1832)やジョン・スチュワート・ミル(1806~1873)などの功利主義へと収斂されていった一つの人間観と言えるものです

その主要な考え方は、キリスト教、とりわけカソリックのみならず、当時、勃興していたプロテスタントの中でも最も苛烈な教義に立っていたカルヴァン主義的な世界観に対抗した現世肯定主義や現実主義でした。
利己的な側面を含む人間のさまざまな欲求の追及に対する大らかな了解と、他方でこうした「不十分な」人間が、尊厳に満ちた豊かな社会を成り立たたせしめるに足る根拠としてのシンパシイ(共感)の重視でした。
人間の利己性を現にあるものとして容認しつつ、それをシンパシイをもとに対話的に統御していくものとして社会的正義の実現が目指されたのであり、そのための具体的な方策の考察が、最も価値化されました。 (さらに…)